シェイプアップ

シェイプアップ

更年期は太りやすい

40お代から50お代といった更年期においては、女性は太りやすくなるとされています。多くの女性がこの時期にいわゆるオジサン太りを通じてしまう。そうして、ぐっすりおっしゃることですが、更年期にいったん太ってしまうと、何となく若い頃の体つきに痩せるのは厳しいというのがあります。

 

若い頃と同じことをしても流儀を維持することができなくなって仕舞うということですね。こういう更年期における太りやすさって痩せづらさはなんとかすることは出来ないのでしょうか。

 

更年期に太りやすく痩せにくくなる考え

更年期の女性が若かりし内の流儀を維持することが難しくなって仕舞う考えとしては、おおまかにいって3つあります。以下に簡単にまとめていきます。

 

第一に、女子ホルモンですエストロゲンの分泌体積が急激に下がってしまっているためということです。こういうエストロゲンの減算は、更年期障害のそもそもの原因でしたね。

 

更年期太りに関してもこういう女子ホルモンの減算が影響を及ぼしている。エストロゲンは、全身で分泌されることによって、以下の2つの役割を果たします。

 

  • 血内輪のコレステロール数量を一定に保つ
  • 身体の脂肪の燃焼を促進する

 

このように、エストロゲンは引き締まった流儀の調達に非常に重要な役割を果たすホルモンなのです。20代や30代の若い頃は、更年期の内よりもエストロゲンの分泌体積が多くなっています。

 

そのため、おんなじカロリーの食事をしても20代や30代の女子のほうが太り難く痩せやすいと言えます。逆に言えば、閉経にかけてエストロゲンの分泌体積が減っていくによって、どんどんと太りやすく痩せづらくなっていって仕舞うということですね。

 

第ニに、退化による基礎入れ替わりの低下につき、ということです。更年期になると身体のホルモン配分が壊れぎみだ。自律心も賢く機能しなくなってきてしまいます。自律心が無秩序してしまうとボディに各種影響が出てくるが、そのひとつに基礎入れ替わりの低下があります。

 

つまりは、しげしげとしいるシーンも支出されている手間体積が少なくなっていくということです。若い頃と同じものを食べても太って仕舞うというのは、こういう基礎入れ替わりの低下も原因のひとつです。

 

第三に、更年期には内蔵脂肪がつき易くなるためということです。これも更年期に女子ホルモンの分泌が減り、身体のホルモン配分が乱れてしまった事件の余波のひとつだ。

 

若い頃は皮下脂肪という燃焼されやすい脂肪のつき方を行うが、更年期の女性は内臓脂肪という燃焼させがたい太り顧客をします。いわゆるオジサン太りというやつですね。脂肪ミソになったりといった、やたらと胴の身の回りがブヨブヨするようになります。こういう脂肪はがんこでなかなか燃やせません。

 

更年期におすすめの減量法

では、このように均衡の調達に必ず向いていない更年期の時期にはどんな減量法を採用すれば良いのでしょうか。結論から言うと、なんにもトリッキーな手法で減量をする必要はありません。

 

セオリーとよばれる減量+作用の減量法を地道にやっていきましょう。更年期の時機は色々ボディが不調になることが多い時機ですので、極端な減量法はボディへの大きな負担となってしまう。

 

ストレスなく余裕範囲での減量を志してください。

 

減量といっても、炭水化物を総合節減済ませろ、みたいな極端なものではありません。栄養バランスを考え、野菜を様々食する。そういう誰もが知ってるヘルシーな食事を目指しましょう。

 

また、減量をすると必要な栄養が足りなくなることも出て来るかと思うので、場合によってはサプリメントで賄うことも必要でしょう。

 

作用に関しても同じです。直ぐにキツイものに申し込むのではなく、自分のボディに気がかりにならない料理を選択しましょう。一旦継続することが大事です。

 

ストレスなく継続できる食生活ツアーって作用料理が理想的です。更年期は確かに痩せがたくはないりますが、痩せないわけではありません。セオリーを地道に実践していくことこそが一際大事です。

 

更年期サプリTOPへ