自律神経への誘惑

自律神経への誘惑

自律怒り乱調症は

ストレスの多い現代社会を通じる人物がわずらってしまう疾患のひとつに、自律怒り乱調症があります。自律怒り乱調症は、その名の通りに、自律怒りという私たちの医者は独立して勤める怒り類が賢く機能しなくなってしまうことです。

 

自律怒りには、交感神経という副交感神経があります。交感神経は、体を活発に取り回すときに優位になります。一方、副交感神経は、体や脳を休めるときに優位になります。こういう2つが賢くバランスをとるため私たちの体はリライアビリティを保っています。

 

ここで、安眠欠損、会社での圧力などの硬い挑発がかかると交感神経って副交感神経のバランスが崩れて仕舞うことになります。その結果、交感神経の使い道が過剰になり始終ピリピリした状況になったり、副交感神経が過剰になりエネルギーが出ずにうつ状態になったりしてしまう。

 

こういう自律怒りのプロポーションがメチャになってしまう有様が自律怒り乱調症だ。

 

更年期障害は自律怒り乱調症です

自律怒り乱調症は、強い挑発がトリガーとなっておきるといった述べました。但し、挑発以外にも自律怒り乱調症を引き起こす関係があります。それが閉経にともなう奥さんホルモンの分泌量のマイナスだ。

 

これは、更年期の奥さんならば誰にでも生まれることです。すなわち、更年期障害は自律怒り乱調症のひとつなのです。

 

閉経を迎えるにあたっての設営を体が作る
エストロゲンなどの奥さんホルモンの分泌量が急激に落ちる
体が体内のあるべきホルモンプロポーションを保てなくなる
ホルモンバランスが崩れたことにより自律怒り乱調症になる
各種の自律怒り乱調症の症状が発症するようになる

 

このように、本来は挑発において乱される自律怒りが、閉経前の奥さんホルモンの分泌量の弱化にて乱されてしまうのです。このように、更年期障害といった自律怒り乱調症は、ほぼほぼイコールとして良しものです。

 

更年期障害の代表的な症状には以下のようなものがあります。

 

  • ポピュラー一閃ってよばれる急性火照りや発汗
  • 頭痛やめまいや耳鳴り
  • 慢性不眠
  • イライラなど感情の統率が出来なくなる
  • 頻尿や尿もれ
  • 身体の節々の疼痛・関節痛

 

など、少々調べれば聞こえることですが、これらの更年期障害の症状は、自律怒り乱調症の症状とほぼほぼおんなじだ。このことからも更年期障害というのが自律怒り乱調症と同じであるということが分かると思います。

 

単なる自律怒り乱調症って更年期障害との違い面としては、繰り返しになりますが、自律怒り乱調症が手強い挑発がトリガーとなって発症するものであるのに対して、更年期障害は強い挑発がなくとも、閉経のための身体の設営としての奥さんホルモンの分泌量のマイナスという奥さんならば誰にでも見つかるものがトリガーとなって要る面だ。

 

更年期というよばれる40代から50代の年齢に属する奥さんならば誰にでも発症する可能性のある自律怒り乱調症が更年期障害なのです。

 

更年期障害としての自律怒り乱調症への対策

通常の自律怒り乱調症を治療するためには、最初にも二にも挑発をなくし憂さ晴らしをする事柄が大事になります。そうすることでホルモンプロポーションが安らぎ、交感神経という副交感神経も正常に機能するようになります。

 

一方、更年期障害としての自律怒り乱調は、たとえ挑発をなくしても、奥さんホルモンの分泌量がそもそも生理みたいに減ってしまっているために、症状が緩和されることはありません。大事なのは、減ってしまった奥さんホルモンの数量をもとに引き戻すことです。

 

わかりやすいのが、更年期障害で女性科を訪れるといった浴びることのできるホルモン補充療法ですね。減っている奥さんホルモンを医薬代物を用いることで半強制的に足します。

 

また、女性科を訪れなくとも、大豆イソフラボンなどの体内に摂り込まれることによって奥さんホルモンと同等の働きをする栄養分を意識的に摂取することによって、更年期障害の症状が軽くなることが分かっています。大豆製品などを積極的に採り入れることによって、更年期障害の症状が緩和するということですね。

 

とにかく日々の食事にとり入れてください。

 

更年期サプリTOPへ